それって身体醜形障害かも?【医師によるチェックを受けてみる】

自分を醜いと感じてしまう

男性

SNSや画像の共有の影響

心の病気と呼ばれる病気にも実に多くの種類がありますが、自分は醜いと感じそれが心の負担となる、場合によっては日常生活に支障をきたす人もいます。身体醜形障害の人は傍目から見ると醜いということはなく、むしろ美男美女であることも少なくありません。チェック方法としては、マスクやサングラスで顔を隠したがる、鏡やガラスなど姿が映るものを頻繁に見るなどがあげられます。このほかのチェック方法としては、外見に自信が持てないために外出を拒む、美容整形を繰り返すなどもあげられます。若い世代に多い症状ですが、年配の人もなることがあります。最近はより身体醜形障害の人が増えているとも言われていますが、その理由としては、現在はSNSなどで画像を共有する機会が増えているということも考えられます。現在はスマートフォンなどで手軽に画像を加工でき、手軽に美しい画像を作れるようになっていますが、あります。写真を公開するために必要以上に外見にこだわる人もいますし、修正した画像と現実とのギャップに悩む人もあります。外見を気にする、より美しくなりたいと感じるのは誰の心にもあるもので、外見を気にする、自分は美しくないと感じている人も必ずしも病気とは限りません。身体醜形障害になっていないか気になる人は、一度医師によるチェックを受けてみることも考えてみましょう。こうしたチェックは心療内科や精神科などの医療機関で行われています。そして身体醜形障害であると診断されて、治療が必要だと判断された場合は治療で改善していくことも考えてみましょう。身体醜形障害のある人は、実はうつ病を発症していることも多いと言われています。外見を気にするだけではなく不眠や気分の落ち込み、不安感なども強く出ている場合はうつ病のチェックも併せて行うと良いでしょう。うつ病が原因して身体醜形障害が出ている場合は、本体であるうつ病を治療することで良い改善が期待できます。治療は薬物による治療と心理療法が効果的とされています。抑うつ感や不安感の強さは薬物による軽減が期待できますし、自分を醜いと感じる認知の歪みには心理療法が役立ってくれます。

確認をするのであれば

悩む女性

身体醜形障害は、チェックリストなどで正しく診断することが出来ます。その疑いがあれば、すぐに病院やクリニックに行くことがとても大事です。他の精神疾患になる場合があるため放置せずに治療することがとても重要となっています。

詳しく見る

気にしすぎではない場合も

カウンセリング

自分の容姿の問題にならないほどの特徴を深刻視し、社会生活において支障をきたしているのを身体醜形障害と言います。セルフチェックである程度判断できますが、ポイントは美への執着が生活上支障を気やしている点の有無にあります。

詳しく見る

認知行動療法も有効です

看護師

身体醜形障害が疑われる場合は、病院やクリニック、心療内科などで診察やチェックが受けられます。鏡やガラスを何度も見てしまったり、外出をする時にマスクやサングラス、帽子などが手放せなくなることもあります。

詳しく見る

見た目が深刻な悩みなら

カウンセリング

自分の容姿が酷いものだと決めつけているのなら、もしかするとそれは身体醜形障害というメンタルの病気かもしれません。身体醜形障害のセルフチェックを行い、当てはまる症状が多いようならば、メンタル系クリニックで診てもらうとよいでしょう。

詳しく見る

精神神経科を受診しよう

悩む人

身体醜形障害は、友人や知人から顔や体のことを指摘されて、深く傷付いてしまい発症することがあります。インターネットなどでもチェックができるため、当てはまる場合は精神神経科の病院やクリニック、心療内科を受診しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 それって身体醜形障害かも?【医師によるチェックを受けてみる】 All Rights Reserved.