それって身体醜形障害かも?【医師によるチェックを受けてみる】

精神神経科を受診しよう

悩む人

容姿のことで深く悩む状態

身体醜形障害は容姿を気にする思春期から、青年期に見られることが多いですが、容姿の衰えが気になってくる30代以降の年代に見られることもあります。自分の顔や体の一部が醜いと感じており、強いコンプレックスが原因で外出が出来なくなり、社会生活に支障をきたすこともあります。身体醜形障害で悩んでいる人は、美容整形をしても満足が出来ないことが多く、手術を繰り返すこともあります。強いコンプレックスが原因で自傷行為をしたり、自殺企画などをしたりすることもあるため、早めに精神神経科の病院や心療内科などを受診して、医師に相談をしてチェックを受けることが大事です。精神神経科の病院やクリニックは、心身をリラックスして治療を受けられる環境が整っています。医師に日頃の生活で困っていることや、悩みを打ちあけることで気持ちが楽になります。医師が薬が必要だと判断した時は、内服薬を処方してくれるので、しばらくは根気よく続けることが大事です。身体醜形障害チェックを受けることで、病気の診断が付きます。容姿の悩みは誰でも持っていますが、身体醜形障害などの場合は、他人に身体や顔のことを指摘されて、深く傷ついてしまい発症することがあります。インターネットを利湯すると身体醜形障害のチェックが受けられます。顔のパーツが気になってしまい、一日に何度も鏡を見てしまったり、外出をする時にマスクやサングラスが外せなくなったりすることもあります。顔や体の悩みを持っており、死にたいなどの深刻な状態の場合は身体醜形障害に罹っている可能性があります。精神神経科の病院やクリニック、心療内科などは、親切で丁寧な応対の医療スタッフが在籍をしているため、安心して通院ができます。内服薬は大変有効ですが、カウンセリングなどの精神療法を受けることで、気持ちを楽にすることが出来ます。自分で身体醜形障害のチェックをして、いくつか当てはまる場合は医療機関で相談をしてみると良いでしょう。現代はSNSなどで交流をしたり、若い年代の間では自撮りなども流行しているため、必要以上に容姿を気にする人も増加しています。

Copyright© 2018 それって身体醜形障害かも?【医師によるチェックを受けてみる】 All Rights Reserved.